前へ
次へ

大学入試のための勉強は効率よく行おう

難関大学に合格したい、自分の今の偏差値では難しいとされる大学に入学したいと考えた時には受験までひたすら勉強をするという方法もありますが、効率よく大学入試に通るための対策を行い無駄を省いたやり方とというのも大事になります。
まず、問題集をあまり購入しすぎないという事を心がけましょう。
とにかく色々な知識を詰め込まなければならないという考えを持って多くの問題集や参考書等を買ってしまうと、それら全てに手を付けようとしてあらゆる教科の知識があやふやになったまま受験を迎えてしまったり、買ったことで満足してしまいほとんど手を付けず無駄な買い物になったなどという事が起こります。
1教科1〜2冊の問題集を何度も解いたりする事により知識を頭に焼き付けましょう。
根を詰めすぎて長時間勉強をし続けるという事も逆効果になる場合があります。
長時間同じ体勢で問題集に向かい問題を解き続けていく事は一見集中しているようで、知らず知らずの間に疲れが溜まりそれが理解や記憶に影響してきます。
学校等の授業等と同様、1時間程度の勉強の後は5〜10分の休憩をはさむと良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

また、合格に向けて勉強の進捗度合いのスケジュール等を立てるのも良いですが、それを意識しすぎないようにする事も大切です。
理解を深める事よりもスケジュールを消化する事に意識がいってしまい、あやふやなまま勉強を進めてしまっては意味がありません。
理解出来ない所は進みが遅くなっても何度もやる、急用等で勉強が出来ない場合は仕方ないと割り切る等の気持ちを持つ事も大切です。

大学入試の模試を受けるという事も非常に重要になります。
単に勉強の成果だけでなくどこが自分の弱点かを理解する事も出来ますし、大学入試と同じようなスケジュールで開催されて試験自体のリハーサルが出来るという点でも有益です。
そして模試を受ける際には持ち帰ってすぐに答え合わせが出来るように問題文にどの選択肢にしたかという印を付けて持ち帰る事も忘れないようにしましょう。

Page Top